メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉 > 健康 >新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止のために

新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止のために

更新日:2020年11月16日

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。

日常生活で気を付けること

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人ごみの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

発熱等の風邪の症状が見られるときは

学校や会社を休み、毎日、体温を測定して記録してください。

感染予防、拡大防止のために!

生活を乱さない

バランスの良い食事と質の良い睡眠で身体を健康に保ちましょう。
体温測定を日課にするなど体調管理にも努めましょう。

感染を拡げない

一人一人が確実な手洗い、咳エチケットに努めましょう。

クラスター(集団感染)を作らない

多数の人が集まる場所や機会を避けるようにご協力ください。

特に注意すべき場所

換気の悪い密閉空間、人が密集、近距離(密接)での会話・発声

(注)体調がすぐれないときは、しっかり休養してください。症状があれば、むやみに外出することは避けてください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化のある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

相談の目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。これらに該当しない場合の相談も可能です。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、柳井健康福祉センター等やかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

医療機関にかかるときのお願い

  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際にマスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

相談および問合せ先

山口県新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル

  • 電話番号:083-902-2510
  • 受付時間:毎日24時間対応

田布施町新型コロナウイルス感染症相談窓口

  • 電話番号:0820-52-4999
  • 受付時間:平日8時30分~午後5時15分

発熱などの症状がある場合の受診方法について

これからインフルエンザが流行する時期を迎え、新型コロナウイルス感染症との判断が難しい発熱などの症状を訴える人が大幅に増えることが予想されます。

医療機関での院内感染防止のため、以下の点にご注意ください。

  • かかりつけ医がある場合

かかりつけ医に電話でご相談ください。かかりつけ医での受診が難しい場合は、医師が近隣の受診可能な医療機関をご案内します。

  • かかりつけ医がない場合
  1. 山口県受診・相談センター 電話番号:083-902-2510 (毎日24時間対応)
  2. 田布施町保健センター 電話番号:0820-52-4999 (平日午前8時30分~午後5時15分)

のいずれかにご連絡ください。受診可能な医療機関をご案内します。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、出産場所の確保等の不安を抱える妊婦の方々への相談窓口について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、出産場所の確保等の不安を抱える妊婦の方々からの相談を下記の窓口で受け付けております。

電話相談窓口

相談窓口 電話番号 受付時間

山口県健康福祉部 こども・子育て応援局

こども政策課 保育・母子保健班

083-933-2947

8時30分から17時15分

(土日祝日を除く)

(注)その他、妊婦に関する相談は、以下の施設においても対応しています。

施設名 電話番号 受付時間

田布施町子育て世代包括支援センター

2525(にこにこ)たぶせ

0820-53-2525

8時30分から17時15分

(土日祝日を除く)

最新の情報

【内閣府】感染リスクが高まる「5つの場面」(外部リンク)

山口県トップページ(外部リンク)

【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症について(外部リンク)

関連文書

基本は手洗い(PDF文書/695KB)

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(PDF文書/556KB)

3つの密を避けましょう(PDF文書/1244KB)

妊婦の方々へ(PDF文書/858KB)(PDF文書/229KB)

子どものいるご家族へ(PDF文書/363KB)
 

お問い合わせ

健康保険課 保健センター
電話番号:0820-52-4999
ファクス番号:0820-52-4988

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?