メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 産業・しごと >生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画

トップページ > 産業・しごと > 企業 >生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画

生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画

登録日:2018年6月27日

生産性向上特別措置法による支援

 国では、生産性向上特別措置法を制定し、今後3年間を集中投資期間と位置付け、中小企業の生産性革命を実現するための設備投資を支援することとしております。

 本制度では、国の策定する指針に基づき、本町が「導入促進基本計画」を策定し、国から同意を得ます。その後、制度活用を考えている事業者が、本町の「導入促進基本計画」に基づき「先端設備等導入計画」を策定し、認定を受けることで固定資産税の特例、国の各種補助金の優先採択などの支援を受けることができます。

 詳細については、下記の中小企業ホームページから確認してください。

  生産性向上特別措置法による支援(外部サイト)

 

田布施町の導入促進基本計画

 本町では、生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画を策定し、平成30年6月26日付けで国の同意を得たので公表します。

概要

労働生産性に関する目標:年率3%以上向上すること

先端設備などの種類:経済産業省令で規定する先端設備等全てが対象

対象地域:田布施町内全域

対象業種・事業:全ての業種及び事業

導入促進基本計画の計画期間:国が同意した日(平成30年6月26日)から3年間

先端設備等導入計画の計画期間:3年間、4年間又は5年間  

 

田布施町の固定資産税特例

 本町が認定した「先端設備等導入計画」に基づき、中小企業者が労働生産性の向上に資する新しい設備を導入した場合、その設備に対する固定資産税の課税標準額を3年間ゼロとする特例措置を講じていきます。

お問い合わせ

経済課
電話番号:0820-52-5805
ファクス番号:0820-53-0140

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?