メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・イベント > おすすめ観光スポット >古代米を利用した「田んぼアート」を紹介します。

古代米を利用した「田んぼアート」を紹介します。

登録日:2016年1月31日

古代米で「田んぼアート」にチャレンジ

 

 

10月13日現在

 

 

13日(日)に稲刈りを行いました。地域おこし協力隊の藤田敬太郎さんと砂本枝里香さんもお手伝いに参加させていただきました。当日は絶好の稲刈り日和で、協力隊のお二人も楽しそうに初めての稲刈りを行いました。

今回は文字・ハートだけを残し、その他の部分のみ刈りました。品種が違う稲は収穫の時期も変わるためこのような状況になります。

機械で刈り取れない文字や図柄の周辺などの細かいところを手作業で刈った後、広い場所を機械で刈りました。

周りだけ刈った田は、文字が浮かび上がった見事なレリーフアートになりました。

 

 木村節郎さんから説明を受け、稲を刈る協力隊の藤田さんと砂本さん。

  

 

 お二人ともノリノリです♪

  

 

 周りを鎌で刈っていきます。

  

 

 広いところはこいつの出番!

  

 

 機械はさすがに早い!あっという間にこうなりました。

  

 

 最後に記念写真です。

  

 

 

10月4日現在

 

 

文字や町章、のんびらんどのロゴ以外の部分が黄色くなってきました。そのため、濃い部分がさらにくっきりと浮かび上がっています。ハートマークは色が薄くなってきました。

次は周りを全て刈り取り、文字・図柄だけを残した状態になります。今の状態のアートが見られるのは残り数日です。稲刈り作業は13日(日)9:00頃から行なわれることになっています。まだご覧になっていない方はぜひ足を運んでみてください。稲刈りには地域おこし協力隊2名もお手伝いさせていただく予定となっております。

 

 

  

  

  

 

 

 

9月18日現在

 

 

ますます文字の色が濃くなり黒紫色になってくると同時に、ハートマークの赤色も更に茶色になっています。ハートマークと比べても文字のほうが色が濃い状態で、遠目に見てもはっきりとアートとして見える状態となっています。

前回は12日に撮影を行なったのですが、6日間でこんなにも色が変化したことにとても驚いていただけると思います。

 

 

  

  

  

 

茶色の文字が緑色の中に浮かび上がるように見え、ここからどのように変化していくのかが楽しみです!ぜひ一回だけでなく、何度も足を運んでみてください♪

 

 

9月12日現在

 

 

文字・のんびらんどうましまのロゴ・町章の部分の色が濃くなってまいりました。濃い緑の中に少しずつ黒紫色が混ざるようになってきており、これから徐々に文字全体が黒紫に近づいていくようです。9月4日の時点では赤くなっていたハートマークは更に色づき、茶に近い色になりました。

9月末から10月初めには濃い緑の部分が完全に黒紫色になり、一番の見頃を迎えることとなります。

 

 

  

  

  

 

最近は色の移り変わりが激しく、ちょっと見ない間に全く違う色になっていることもあり、毎日変化が楽しめます。ぜひ頻繁にチェックしてみてください。

 

 

9月4日現在

 

ハートマークが赤く色づいてきました。同時に町章や文字の部分も濃い緑になり、その他の部分との濃淡がはっきりしてきました。

赤色が最も綺麗に見えるのは今の時期で、これから徐々に茶色になっていくとのことです。

 

 

 

 

 

9月末から10月初めにかけて、田んぼアートが最も綺麗な見頃を迎えるとのことです。お楽しみに!

 

 

8月16日

6月22~23日の二日間に渡り、真殿在住の木村節郎さんのご協力により、地域おこし協力隊の藤田敬太郎隊員と砂本枝里香隊員が田んぼアートに挑戦しました。「田んぼアート」は、色や成長の早さの異なる稲を組み合わせることにより、田に絵や文字を描くものです。「古代米」は、大陸から稲作が伝わった当時から残っている品種などを総称した呼び名であり、様々な色の品種があるため、田んぼアートには欠かせないものです。

 今年のデザインは砂本隊員により行なわれました。

当初の案は右図のとおりで、矢印型の田の中に馬島

のキャンプ場「のんびらんど・うましま」のロゴと

WE LOVE」を組み合わせることにより、「WE LOVE

のんびらんど・うましま」を表現しています。

 

ガイドラインに沿って稲を植えていく砂本隊員と藤田隊員

   

 

はしゃぐ砂本隊員・・・       植えた直後の様子です。

   

 

 

そして田植えから約二ヶ月が経過した8月16日の写真がこちらです。稲も成長し、はっきりと図柄がわかるようになってきました。

   

   

 

今後も当ホームページにて、不定期で成長過程をご報告していきます。お楽しみに。

 

地域おこし協力隊がお手伝いさせていただいた田んぼアートは、後井古墳から近い線路沿い、観音橋付近にあります。案内旗を目印に、ぜひ皆様足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

総務企画課(旧企画財政課)
電話番号:0820-52-5803
ファクス番号:0820-53-0140

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?