出産育児一時金制度についてご説明します

田布施町の国民健康保険に加入されている方が出産された時、出産育児一時金を支給します。

出産育児一時金制度について

出産育児一時金の受け取りには申請が必要です。出産した日の翌日から2年で時効となりますのでご注意ください。
妊娠12週(85日)以上の死産・流産の場合も支給の対象となりますが、医師や助産師の証明が必要です。

産科医療補償制度(注1)加入している医療機関等での出産 42万円
産科医療補償制度に加入していない医療機関等での出産 39万円

注1)「産科医療保障制度」とは、分娩時の予期せぬ出来事により重度脳性麻痺となった赤ちゃんやその家族に対し補償する制度のことで、分娩を取り扱う医療機関が加入します。制度についての詳細は、「公益財団法人日本医療機能評価機構のサイト」をご確認ください。

▲ 上に戻る

会社などを退職して国民健康保険に加入された方が出産した場合

次の条件に当てはまる方は、退職された会社などの健康保険(協会けんぽなどの社会保険)か国民健康保険のどちらか一つを選択して出産育児一時金を受け取ることができます。

  • 社会保険に被保険者本人として1年以上加入していた(被扶養者として加入していた方は不可)
  • 退職後6ヵ月以内に出産した

社会保険によっては、独自の付加給付により国民健康保険よりも支給額が多い場合がありますので、詳細については退職された会社などにご確認ください。

なお、社会保険で出産育児一時金の支給を受けた場合は、国民健康保険からの支給は行いません

▲ 上に戻る

手続と支給方法について

「直接支払制度」または「受取代理制度」をご利用になると、出産育児一時金を田布施町から医療機関が直接受け取ることになりますので、出産育児一時金の額(42万円または39万円)までは、かかった出産費用を医療機関に支払う必要がなくなります。ただし、出産予定の医療機関がこれらの制度に対応している必要があります。

「直接支払制度」とは、国民健康保険の世帯主に変わり、医療機関が出産育児一時金の請求と受け取りを行う制度です。ただし、事前に医療機関で申し込みが必要になります。

「直接支払制度」を導入していない医療機関で、厚生労働省より「受取代理制度」の認可を受けた医療機関では、「受取代理制度」を利用することができます。ただし、国民健康保険の世帯主が、出産育児一時金の受取代理人とする医療機関と合意を交わし、事前(出産前)に田布施町へ申請する必要があります。

これらの制度を利用することができるかについては、直接、出産予定の医療機関にお問い合わせください。

なお、出産費用が出産育児一時金の額未満の場合は、差額を国民健康保険の世帯主に対して支給します

また、これらの制度を利用せずに、出産費用を全額医療機関に支払われる場合は、国民健康保険の世帯主に対して出産育児一時金を支給します。

直接支払制度を利用する場合

出産費用が出産育児一時金の額以上の場合
[ 出産費用 ≧ 出産育児一時金(42万円または39万円) ]
出産費用のうち、出産育児一時金の額を超えた部分を医療機関にお支払ください。
出産費用が出産育児一時金の額未満の場合
[ 出産育児一時金(42万円または39万円) > 出産費用 ]
出産費用と出産育児一時金との差額を申請により世帯主に支給します。医療機関での費用精算後に次のものをお持ちの上、健康保険課 保険年金係までお越しください。
  • 医療機関から交付される、直接支払制度に関する合意文書
  • 医療機関から交付される、出産費用の領収・明細書(「産科医療補償制度」に加入している医療機関での出産の場合は、それを証する印が押された領収・明細書)
  • 世帯主の印かん
  • 国保の保険証
  •  
  • 世帯主名義の振込先口座の通帳

▲ 上に戻る

受取代理制度を利用する場合

「受取代理制度」を利用される場合は、出産前に田布施町への申請が必要です。出産予定の医療機関に受取代理制度を利用する旨の意思表示を行った後、健康保険課 保険年金係までお越しください。

申請可能時期 出産予定日の2ヵ月前から
申請に必要なもの
  • 「出産育児一時金等支給申請書」(注2)
  • 世帯主の印かん
  • 国保の保険証
  • 世帯主名義の振込先口座の通帳
  •  
注意事項 「受取代理制度」を利用する場合は、出産育児一時金の受け取りを委任することについて、あらかじめ医療機関と合意を交わす必要があります。

注2)健康保険課の窓口にて配布しています。なお、この申請書には、医療機関が記入・押印する必要がある箇所があります。

出産費用が出産育児一時金の額以上の場合
[ 出産費用 ≧ 出産育児一時金(42万円または39万円) ]
出産費用のうち、出産育児一時金の額を超えた部分を医療機関にお支払ください。
出産費用が出産育児一時金の額未満の場合
[ 出産育児一時金(42万円または39万円) > 出産費用 ]
田布施町より、出産費用と出産育児一時金との差額を申請により世帯主に支給します。医療機関での費用精算後に次のものをお持ちの上、健康保険課 保険年金係までお越しください。
  • 医療機関から交付される、出産費用の領収・明細書(「産科医療補償制度」に加入している医療機関での出産の場合は、それを証する印が押された領収・明細書)
  • 世帯主の印かん
  • 国保の保険証
  • 世帯主名義の振込先口座の通帳

▲ 上に戻る

直接支払制度や受取代理制度を利用しない場合

「直接支払制度」や「受取代理制度」を利用せず、出産費用について全額医療機関に支払われた場合は、世帯主に対して出産育児一時金を直接支給します。

申請が必要となりますので、医療機関で出産費用を支払われた後に健康保険課 保険年金係までお越しください。

申請に必要なもの
  • 医療機関から交付される、出産費用の領収・明細書(「産科医療補償制度」に加入している医療機関での出産の場合は、それを証する印が押された領収・明細書)
  • 世帯主の印かん
  • 国保の保険証
  •  
  • 世帯主名義の振込先口座の通帳

▲ 上に戻る