メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉 > 児童福祉 >子ども医療費助成制度

トップページ > ライフコンテンツ > 妊娠・出産 >子ども医療費助成制度

トップページ > 子育て支援 > 助成・手当 >子ども医療費助成制度

子ども医療費助成制度

更新日:2019年4月1日

田布施町では、子どもの医療費(健康保険適用分)を保護者に対し助成しています。

 

対象

小学校修了までの児童(12歳到達後の最初の3月31日まで)

 

助成内容

医療保険が適用される医療費の自己負担分が助成されます。ただし、入院時の食事療養費や生活療養費の自己負担額は、全額自己負担となります。

また、他の法令等による医療の給付(注)や保険等の附加給付を受けることができる場合は、医療費の自己負担分から当該給付に相当する額を控除した額が助成されます。

(注)自立支援医療や難病に対する医療費助成などが該当します。

なお、学校管理下での負傷又は疾病について、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となる医療費は、助成対象にはなりません。

 

所得制限

父母の市町村民税所得割の額(注)の合計が税額控除前の額で136,700円以下の世帯

(注)市町村民税の所得制限については、平成24年8月からは、年少扶養控除等の廃止の影響が生じないよう、扶養控除があったものとして再計算した額で判断します。(18歳以下の児童の扶養が確認できた場合に限ります。)

【18歳以下の児童の扶養確認に要する書類の例(「16歳未満扶養親族」欄等に人数の記載があることを御確認ください)】

 課税所得証明書

 給与所得等に係る市町村民税・都道府県民税特別徴収税額の決定通知書

 源泉徴収票または確定申告書の写し など

 

手続きに必要なもの

健康保険証(児童の名前が記載されているもの)

 

印鑑

 

このほか、田布施町に申請する年の1月1日に父母の両方またはどちらかの方の住民票がなかった場合、その方の1月1日における住所地の市町村民税課税所得証明書が必要です。申請する月が1~7月の場合は、その前年の1月1日住所地での証明書が必要です。

 

その他

受給者証の有効期間は毎年8月1日から翌年の7月31日までです。その日までに満12歳に到達する児童は到達後の最初の3月31日までです。

有効期間にご注意ください。

 

お問い合わせ

町民福祉課 福祉係
電話番号:0820-52-5810
ファクス番号:0820-52-5967

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?